コピー機のリースとメーカーメンテナンスについて

コピー機はオフィスの中で必要不可欠なOA機器です。契約書をコピーする、会議資料を人数分コピーする、客先から借りた資料のコピーなど、枚数をセット、サイズを選択、濃度や縮小拡大などの設定を行えば簡単に複写が可能です。オフィス内では必要なOA機器ではありますが、新品を購入するとなると、初期コストが多くかかる事になります。 初期費用を抑え、さらに新品の製品を導入する方法がリース契約です。 契約を結ぶメーカーから、毎月一定の金額を支払い、貸して貰う形で利用出来る方法で、初期費用を抑える事が出来るなどからも利用する企業も少なくありません。さらに、導入する時に保守契約をしっかりと結んでおく、これによりメーカーメンテナンスを受けられるようになり、故障の時など安心です。

初期コストが安く済む理由について

リース契約を結んでコピー機を導入する事で初期コストを大幅に抑える事が出来る理由は、導入する製品は契約を行った会社がメーカーから新製品を購入、それを自社に貸し出ししてくれるからです。契約期間が終わった後は、買い上げにする方法や新製品を使っての契約などの方法で導入が出来ます。 毎月の支払い額も安くなるので、保守契約を結びやすくしてくれます。 保守契約とは、メーカーメンテナンスの事を意味しており、故障した時の技術者の修理費用、交換した部品の代金などを無料で受ける事が出来る契約方法があります。これはカウンター保守契約と呼ぶもので、契約の中に含まれるものは技術者の出張費用や修理対応費用、故障部品の代金、カラートナーの購入費用の3つが含まれており、故障した時の安心を与えてくれます。

ネットで見積もりを依頼する事が出来ます

リース会社との契約の場合、同じコピー機でも会社により見積もり額が異なるケースが多くあります。 初期コストを抑えられる、メーカーメンテナンスを受ける事が出来ると言っても、少しでも安い価格で導入したい人は多いと言えましょう。最近は、ネットを利用して見積もりを依頼出来る会社が登場しており、導入したいメーカー製品の見積もりを一括で行う事が出来ます。また、ネットで見積もりが出来る会社の場合、メーカーが公認となる正規一次代理店になるため、余計なマージンが掛からないメリットもあります。 届いた見積もりを比較すれば、最安値の価格で導入が出来ます。さらに、価格の中には修理費用や部品交換費用が含まれいるため、故障の時も安心、カラートナー費用も料金に含まれているため、購入費用も掛からないメリットを持ちます。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加